香典返しの相場は地域や家庭によって違います

お通夜やお葬式のときにいただいた香典に対してのお返しといたものを香典返しといってどこの地域でも大なり小なりそういったことはあると思いますが、その内容もお返しの相場といってものも全然違います。 私の出身地ではお通夜やお葬式に来ていただいたときに香典を渡すとその場でそれに対するお返しのようなものがもらえるのですが多くの場合はそこにお茶の葉っぱとお菓子の詰め合わせといったものがもらえ、そしてお饅頭をもらってくる、そしてそれが香典返しという形で改めてその方の住所に何かを送るといったこともなしでそこで完結という形なのですが、お嫁にきてこちらのお通夜、お葬式の様子は自分の中の常識や知識といったものとまた全然違うものだたので初めは驚きました。 こちらではお葬式やお通夜のときに香典を渡すとその場でちょっとしたものをもらえるのですが、それで終わりではなく、しばらくすると渡した相手から郵便で香典返しとなる海苔やコーヒー、お茶やお菓子のセットなどといった詰め合わせギフトのようなものが送られてくるではありませんか。私が思うに、香典の半分近くはそういったお返しに当てるのだなという感想ですが、人数が多ければこういったお返しの作業だけでも本当に大変なことろうと思いました。 香典というのは気持ちですがその気持ちに対するお返しといったものも相手のことを考え、ありがとうの気持ちを込めるというところにその意味があり大切なことなのだと勉強しました。

香典返しの相場は「半返し」が一般的

香典とは、仏式などの葬儀で、死者の霊前に供えて香や花の代わりとする金品のことを指します。そして、香典を受けた返礼として品物を贈ることや、その品物を香典返しといいます。本来、香典は霊前に供えるものであるからという考えから、香典返しは必要ありませんでしたが、香典をくださった方に対して、四十九日法要も終えて無事に故人を送ることができました、という挨拶をする際に、感謝の気持ちとして贈るようになりました。仏式では四十九日の忌明けあとに、挨拶状を添えて送られます。神式では五十日祭を目安に送ります。キリスト教では一ヵ月後の記念日や追悼ミサを目安に送ることが多いです。最近では、通夜や葬儀の日に渡す「即日返し」も増えています。その場合、高額の香典をくださった方や、特にお世話になった方などには、忌明け後、挨拶状を添えて改めてお返しを贈ることもあります。香典返しの内容は、食品や日用品など様々ですが、後々残らない消耗品を選ぶのがよいとされています。例としては、お茶やのり、砂糖、タオルセットなどがあります。金額の相場については、「半返し」という言葉があり、頂いた香典の半額程度を目安に品物を選ぶというものが一般的です。最近では、香典の金額の3分の1相当の品物を贈る「三分返し」といったケースや、「送料込みの半返し」というケースもあります。すべての人に同じ品物を贈る方法や、お返しの品を三種類ほど用意しておいて、頂いた香典の額に応じてお返しする方法もあります。

香典返しの相場と香典返しのルール

「香典返し」の相場は、御香典として頂いた金額の半額(「半返し」と呼ばれている)~1/3くらいの金額が妥当だといわれています。お返しのやり方は様々で、お香典をいただいた方人に対して、一律に同じ品物をお返しとして渡すこともありますし、頂いた額に応じて品物を用意し、お返しとするやり方もあります。この場合、金額別のカタログなどを利用されることがよくあります。お葬式に宗派や地域性があるように、香典返しにもその家庭や地域にによって様々です。また、最近ではお葬式当日に品物を渡す当日返し(当日返礼品)が定着しつつあります。たいてい、当日返しは2000円~3000円のものを準備されますので、その金額が頂いたお香典の半分にあたる金額ならば、後日改めて香典返しをする必要はありません。一方当日返しの金額が、お香典として頂いた金額の半分に満たない場合は、当日返しを行った後、改めて忌明けの際に不足分に見合った品物をお返しすればよいのです。しかし、葬儀当日に手渡すハンカチなどの会葬御礼品は、お葬式に参列してくださったお礼であり、当日返しとは異なりますので、当日返し金額には含みません。さらに、親族・親戚関係における高額なお香典に対してのお返しには、必ずしも半返しにこだわる必要はありません。そのお香典の中には故人や葬家に対するねぎらいや感謝の気持ちも含まれていますので、きっちり半分お返しすることにこだわらなくても、失礼には当たりません。葬家でお返しするのにふさわしい金額を話し合われるとよいでしょう。